住宅ローンの金利が安い

政府・日銀が大胆な金融緩和に取り組み出し、経済ニュースでは連日、株高が報道

され景気の先行きも明るい兆しが見え始めました。

 

通常、景気が良くなれば長期金利が上がり、住宅ローンの金利も上昇します。

 

この先、住宅ローンの金利がどのように推移していくのかは分かりませんが、

上昇傾向だと考える人は多いようです。

その証拠に、今まで変動金利を選択していた人が固定金利に変更したり、新

規で住宅ローンを組む場合に、固定金利を選択する方の割合が変動金利を選

択する方の割合を上回ったという記事を最近良く目にします。

 

さて、その住宅ローンの金利ですが、変動で最大1.7%の優遇を掲げる銀行まであ

り、本当に驚くばかりの超低金利です。

この銀行で最大優遇を受けて、30年の住宅ローンを組んだ場合、

30年固定で金利1.9%。また、変動であれば金利0.775%と信じがたい金利です。

 

因みに、私が4年前に組んだ住宅ローンは変動で1.475%。この時でも安いと感じ

ていましたが、何と前述の金利はその約半分です。

 

住宅ローンの金利面が安い今、不動産の購入をご検討の方には非常に良い環境だと言えます。

 

LINEで送る

カテゴリー: 不動産に関係する情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。