任意売却と自己破産

任意売却や競売の売主が、必ずしも自己破産をしなければならないとは限りません。

 

時々、任意売却(競売)=自己破産だと考えられている方もいらっしゃいますが、どちらかといえば自己破産されない方が多いと感じます。

自己破産をすると債権者は、債務者に対して任意売却や競売で売却しても返し切れなかった債務の支払い請求ができなくなります。勿論、カードローンや消費者金融などの債権者も同様に、破産者に対して請求ができなくなります。

法律的には少し違うと言われるかもしれませんが、自己破産をすれば、税金等を除いた色々な債務がチャラになります。

 

しかし、破産するにはそれなりの費用が必要ですし、デメリットも当然あります。

デメリットについてここでは触れませんが、破産する事自体が無意味なケースも多々ありますので、まずは親身になって話を聞いてくれる方への相談をお勧めします。

 

グランソレイユでは、お客様の状況に応じたアドバイスを第一に行っています。

自己破産以外の選択肢があればそれをご提案致します。仮に相談を受けて弁護士への相談が必要と感じた場合には、信頼できる弁護士のご紹介も無料で行っています。

また、任意売却専門業者として無意味な任意売却は一切行わない方針ですので、住宅ローンの支払いが厳しいと感じられた方は、お気軽にご相談下さい。

 

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。