任意売却案件~マンションの延滞について~

マンションの任意売却案件を扱っていると、住宅ローンの滞納(延滞)に加えて、

管理費や修繕積立金の滞納(延滞)にも多く遭遇します。

 

住宅ローンの返済が困難な売主にとっては、月々の管理費等も支払いが困難な

のは当然であります。

 

しかし、住宅ローンの残債務管理費等の未払債務は、同じ売主の債務でも大

きく異なります。

 

任意売却の当事者間において、住宅ローンの債務は、債務者(任意売却の売主)と

債権者の問題なのに対して、管理費等の未払い債務は、債務者が清算しなかった

場合、区分所有法に則り、買主にも支払い義務が引き継がれます。

 

つまり、取引の段階で管理費等の滞納額をゼロにしておかなければなりません。

 

言い方は悪いですが、任意売却において、住宅ローンの返済よりも管理費の

延滞解消の方が優先順位は高くなります。

 

債権者が複数いる場合、返済の優先順位と返済のタイミングは、任意売却に

おいて最も重要な要素です。

 

順番が入れ替わる事により、任意売却が成立しなかった事例はたくさんあり

ます。

 

 

弊社グランソレイユは、任意売却を扱う業者として、この点について常に細

心の注意を払って活動を行っています。

 

 

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。