債権者からの督促を放置すると

住宅ローンの延滞が始まると債権者から「督促状」や「催告状」が送付されて

きます。

 

ただ、延滞を自覚していながら返済の目途がたたない多くの方は、債権者か

らの郵便物を開封さえしません。

 

その方達の心情を代弁すると、「支払えるあてがあれば延滞なんかしない。

いくら督促されても払えないから苦しんでいる」という事でしょう。

 

しかし、それは最悪の選択です。

 

債権者からすれば債務者と連絡がつかなければ取るべき手段は「競売」しか

ありません。

 

債権者としてもできる事なら競売は回避したいのが本心です。

保証会社などの代位弁済前であれば、「リスケ―ジュール」など支払い条件の

変更が可能かもしれません。

また、代位弁済が行われたとしても、債務者の売却意思が確認できれば「任意売

却」が可能な場合がほとんどです。

 

何れにしましても、グランソレイユでは、債権者からの通知は放置せず、早期

の相談をお勧めしています。

 

その結果、債務者にとって競売よりも遥かに有利な条件で、再出発する事がで

きるのです。

 

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。