「代位弁済」と「期限の利益の喪失」

住宅ローンの返済が滞ると、借り入れした銀行から督促がきます。

最初は、「住宅ローンの引き落としができなかったので口座に入金して下さい」

といった優しい内容ですが、滞納が複数回に及ぶと段々、内容もきつくなり、

やがては保証会社の代位弁済となります。

 

代位弁済とは、銀行が保証会社に対して住宅ローンの元利金を全額請求し、

保証会社が債務者(つまり任意売却の売主)に代わり債務の返済をする事です。

 

こうなると、もう少しすればお金が入ってくる目途があっても、また、

仮に宝くじが当たり突然大金ができたとしても、今までの様に銀行へ

住宅ローンの支払いを分割で返済する事もできなくなります。

 

要は、分割で返済する事ができた債務者の利益が喪失し、一括で全額支払って

下さいと言う事になります。

 

これを期限の利益の喪失といいます。

 

「代位弁済」も「期限の利益の喪失」も、任意売却へと移行する過程で

必ず通る道ですが、任意売却以外の方法を選択できる可能性は、これよりも

早ければ格段に広がります。

 

もし、住宅ローンの返済が苦しいと感じているならば、できるだけ早期の

ご相談をおすすめします。

 

尚、グランソレイユでは、不要な任意売却をおすすめする事は一切ありません。

また、ご相談だけで解決できた場合には費用が発生する事もありません。

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。