「任意売却後の債務」

「任意売却で不動産を売っても返しきれなかった債務はどうなるのか」

この手の質問を一般の方だけでなく、仲の良い同業者からもよく受けます。

答えは一つ。「無担保の債務として残ります」。

 

それでは、任意売却をする意味がないのではないかと言われたこともありますが、

決してそんな事はありません。

なぜなら、競売で不動産を売却させられた場合でも返済しきれない債務について

は、同様に無担保の債務として残るからです。

 

時々、競売が原因で売却した場合には、債務が残ってもチャラになると思っている

方がいますが、大きな間違いです。

 

つまり、競売であれ、任意売却であれ不動産を売却しても返しきれなかった債務は

残るのです。

(因みに、これをチャラにする方法もいくつかありますが、長くなりますからここでは触れません。)

 

当社が考える大事な事は、不動産を売却した後に、再出発する体制を如何にして作

るかです。

 

誰もが、不動産を売却した後も生活をしていきます。生活の拠点である住居が必要

になり、生活していくためのお金が必要となります。

その一助となる方法が「任意売却」です。任意売却であれば、引越先の紹介引越

代金の捻出が可能で、競売と比較するとたくさんのメリットを享受できると断言し

ます。

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。