任意売却か競売かの分岐点

銀行や保証会社から「期限の利益の喪失」や「保証会社の代位弁済」の催告書が届いてしまうと、基本的に選択肢は「任意売却」と「競売」しかなくなります。

 

ここでは、下記の「任意売却と競売のメリット・デメリット」をご覧頂き、現在の生活状況や経済状況を客観的に分析し、何れを選択するべきなのか判断して下さい。

詳細→ 「任意売却と競売のメリット・デメリット」

http://g-soleil.info/archives/1685

 

もし、「任意売却」を選択するならば、保証会社に対して、任意売却したい旨の意思を伝えなければなりません。

債権者からの通知を放置すれば「競売」へと移行しますので、時間的な猶予はそれ程ありません。

 

もっと詳しくお聞きになりたい方やご不明な点がある方はお気軽にグランソレイユまでお問合せ下さい。

 

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。