任意売却とは

「任意売却」とは、不動産の売主が、銀行などから借入れした債務を約束通りに支払う事ができなくなった結果、本来、債務を全額返済しなければならない所を全額支払う事なく、不動産の時価(相場)で売却する不動産取引をいいます。

お金を貸した債権者は、約束された債務の返済がなされず、残債務以下の回収で抵当権を外すため、損が発生します。

そのため、不動産の取引には債権者(保証会社などの金融機関)の抵当権抹消同意や抵当権登記抹消の協力手続きが不可欠となります。

また任意売却では、競売と違って売主の円滑な引渡しが必要となるため、債権者との合意に基づき、債権者自身の回収額を減らして優先的に「債務者の引越費用」やマンションの管理費・税金などの「滞納費用」をもらえる場合があります。

「任意売却」について初めて聞かれた方は、有り得ない取引だと感じられたはずです。借りた債務の一部しか支払わずに抵当権を抹消してくれたり、引越代がもらえたりできるなら夢の様な話です。

しかし、これは債権者が良心的な訳ではありませんし、足りなかった債務を永久に支払わなくても良いと言う意味でもありません。ここが重要なのです。

引越代や滞納費用を優先的にもらえるのは、それを支払っても競売より多くの回収が見込めると債権者が判断しているからであり、足りなかった債務も同様の判断をしているためです。

さらに任意売却を詳しく知りたい方は下記もご覧ください。

→任意売却と競売のメリット・デメリットへ

http://g-soleil.info/archives/1685

 

LINEで送る

カテゴリー: 任意売却   パーマリンク

コメントは受け付けていません。